平成会館について

愛されて70年・・・

平成会館 (有)児島は、歴史の街 箱崎に創業して70有余年になります。
日頃より地域住民の皆様をはじめ、多くの方々に利用して頂いております。
皆様に愛され、親しみのある斎場を目指しスタッフ一同頑張っています。
今後も公益性の高い斎場を目指し、より質の高い葬儀を提供していきたいと考えています。

平成会館 有限会社 児島のあゆみ

1940年
(昭和15年)
創業者 児島吉三郎 (1905~1963)

「筥崎八幡宮」の門前街としての顔と、「九州帝国大学」の学生街としての顔を有する歴史と学問の町、箱崎の地にて児嶋 吉三郎が「児島葬儀社 児島造花店」を 創業したのは35歳の時でした。

当時、福岡市には数軒しか葬儀社はなく、家族ともども手探りの出発となりました。翌年には戦争が始まり、人々の生活が 困窮した大変な時代でもありました。
(写真:創業者 児嶋吉三郎 (1905~1963))

1946年
(昭和21年10月)
戦後の復興の中、「有限会社 児島葬儀社」として法人化し、あらたなスタートを切りました。
1962年
(昭和37年)
初代社長が56歳の若さで永眠し、妻の児嶋 サツキが2代目社長に就任しました。
児島葬儀社の大黒柱として、また4人の子供の母として、がむしゃらに働いた毎日でした。
当時大学生だった長男、児嶋 邦男は、家業を手伝いながら学校に通い、母と弟達をしっかりと支えていました。
1975年
(昭和50年)
高度経済成長の中、箱崎1丁目5番5号(JR鹿児島本線沿い)に社屋を新設しました。
1988年
(昭和63年)

葬儀の風習の移り変わりと共に社名を「有限会社 児島」に変えました。
3代目社長に就任した児嶋 邦男は、小学校のPTA会長・消防分団長など、地域の世話事の多くを引き受け、「くんちゃん」と親しまれながら葬儀に携わってまいりました。

児嶋 邦夫 会長 と 児嶋 小夜子 常務
児嶋 邦男 会長 と 児嶋 小夜子 常務

1989年
(平成元年)
初代会館会館葬の需要が高まる中、念願の斎場 平成会館を竣工しました。
1997年
(平成9年)
福岡市都市計画・JR高架工事と箱崎駅移転に伴い、箱崎3丁目5番45号に移転しました。
少人数から社葬まで対応の出来る、充実した設備の斎場 平成会館を新設。
2005年
(平成17年)
4代目社長に就任した今長谷 隆臣は、そのまじめで誠実な人柄と一級葬祭ディレクターとしての確かな実績からたくさんのお客様の信頼を頂いており、代々受け継がれてきた地域に根ざした活動とともに、まごころのこもった「心のセレモニー」を大切にしております。

会社概要

社名 有限会社 児島
斎場 平成会館
所在地 福岡市東区箱崎3丁目5-45
施設のご案内もご参考ください。
TEL 092-632-0004
FAX 092-632-2825
代表者 代表取締役社長
今長谷 隆臣(いまはせ たかおみ)
事業内容 総合葬祭業
周辺地図 交通アクセスページにてご案内しております。

スタッフ紹介

葬儀のプロ 1級葬祭ディレクター4名在籍! 平成会館では経験豊富な専門スタッフが、葬儀前から葬儀後まで一貫してサポートを行います。ご葬儀・仏事に関するご相談、ご質問、ご要望など、なんでもお気軽にお問い合わせ下さい。

今長谷 隆臣

今長谷 隆臣(いまはせ たかおみ)

代表取締役社長 1級葬祭ディレクター

城戸 隆宣

城戸 隆宣(きど たかのぶ)

1級葬祭ディレクター

ひとこと
絵を描くことが好きで、よく、さし絵や似顔絵を頼まれます。あまりの 素晴らしい(?)出来栄えに、大変喜ばれています(^^) お客様に喜ばれる仕事をすることが私の生き甲斐です!

中村 幸彦

中村 幸彦(なかむら ゆきひこ)

1級葬祭ディレクター

ひとこと
お葬式とは「故人を偲びながらも、生かされている我が身を振り返る・・・」そんなひとときです。お葬式を縁として、いのちの尊さや家族・地域の絆の大切さを教えられます。葬儀とは、まさしく「教育」である、と感じています。

豊 直人

豊 直人(ゆたか なおと)

1級葬祭ディレクター

ひとこと
自分の祖父が亡くなったとき、葬儀社の方のお世話に感動したことが、この仕事を選ぶきっかけでした。ご遺族の身になって、一生懸命お世話をしたいと思っています。

今長谷 直美

今長谷 直美(いまはせ なおみ)

経理・事務業務担当

ひとこと
皆さまに愛される会社を目指して、日々精進しております!